キラリと輝くきらやか銀行

キラリと輝くきらやか銀行 歴史ある十六銀行

キラリと輝くきらやか銀行

歴史ある十六銀行

歴史ある十六銀行

十六地域振興財団

十六銀行では平成9年に創立120周年の記念として「十六地域振興財団」という公共事業団体をつくりました。活動は主に、地域住民が取り組んでいる地域活性化に繋がるような活動に資金助成をしています。例えば、岐阜県内にある音楽クラブや合唱サークルなどの演奏会やコンサート資金を援助したり、小・中・高校の改装費用の負担、創立記念事業に参加したりと様々な地域のイベントに協力しています。

また、花の苗木を50万円相当分助成する花の苗木給付事業も行なっています。岐阜県内の公園や道路沿いに植えられている木々などは、もしかしたらこの制度を利用して植えられたかもしれません。こういった形で十六銀行を身近に感じられるのは嬉しいですよね。そしてもう一つ、4年制大学進学を希望する人を対象とした奨学金事業も行なっています。

これは、十六銀行の創立中心人物が当時20歳過ぎたくらいの若者であったことから、その若者のチャレンジ精神を今の世代の人たちにも受け継いで欲しいという願いが込められているということと、十六銀行が地元の発展を目的に創られたという銀行の基本方針を守るため地域の人々に還元できる取り組みの一つと考え、行なわれるようになりました。

奨学生になるには、保護者の住所が岐阜県内にある方、経済的理由により大学におけるゆとりある修学が困難な方、などいくつか条件がありますが、年額40万円を4年間(奨学生の年齢が30歳に達する年度まで)支援してくれ、奨学金の返還は不要、他の奨学金と重複受給は可能、という学生にとってとても嬉しい内容です。ただし、募集人数は毎年16人ほどで選考もかなり厳しいものとなっています。岐阜県住在の方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


© 2014 キラリと輝くきらやか銀行 All Rights Reserved.